【遺言・相続専門】終活カウンセラー特定行政書士 吉村事務所「あなたの悩みを解決できる!かも...」家族信託,成年後見,終活に関することなら一切をサポートします。

「信託?」なんじゃらほい...

「信託...?」なんじゃらほい...

ここの読者さんばかりじゃないですよね,
たまたま,こちらを訪問してくれた人だっておられます。


ので,そもそも,「信託ってなんのことでっか?」
って人。


当たり前にいてはります。


なので,簡単にね,言葉だけね。


で、そもそも、

「信託って、なんやねん?」


から、行きましょう。


どうです、信託?


「信託…」

「そーや、銀行がやっとるって聞いたことあるで」

当り!


ウソ、はずれ!


ウソ、当りではずれ。


「は〰↑」


そう、二つあります。


銀行がやってるやつ、
これ「商事信託」で、

もひとつが「民事信託」で、
僕が勉強中なんは、「民事信託」


「先生、信託って、金持ちしか、できんのちゃうの?」


そーですね、あなたも含めて、
たいがいの人は、そう思ってると思います。


「金持ちが資産運用するやつやろ…」


そう、信託銀行や信託会社がやってるやつ。

それ、銀行とかが、お客さんから資産を預かって、
その資産を運用することで、
資産を増やし、
銀行さんは手数料を取ります。


これが、目的。


でもね、「民事信託」は、
「もうけませんで!」

が一応、基本になってるんです。


あ,そうそう,「家族信託」ってのは造語です。


誰が作ったかは忘れました。


商標登録にはなってないと思います。


話を戻しますけど,無償って言うてもね、
まー、あとから出てきますが、
世話になるんですから、手間賃ぐらい払わんとっ
てことには、なると思います。


ま、でも、もともとが

「儲けることを目的としてるかしてへんか」


の違いは理解しましょう。


まー、こちらでも言ってますが、
法律って、あるときは、味方やけど、
あるときは助けてくれへんかったりするもんだったでしょ。


これを、先人は知恵でなんとかしようとしたんです。


で、「商事信託」が
ドライに、儲けを目的にしてんのに対し、

「民事信託」は、
土台は、信頼関係です。


ま、そこには、契約っていう概念はつきまとうんですけどね。


で,基本は「民事信託」と「商事信託」はまったくの別物であって,
僕たちがやろうとしてんのは「民事信託」


なかでも,「家族信託」になると思っています。


で,その中で,色々あるんよ。


で,よくある質問コーナーみたいに,次項以降になるってことです。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional