【遺言・相続専門】終活カウンセラー特定行政書士 吉村事務所「あなたの悩みを解決できる!かも...」家族信託,成年後見,終活に関することなら一切をサポートします。

エンディングノート

エンディングノート

  • エンディングノート」とは、人生の終末期に自分に生じる「万が一のこと」に備えて、「自分の希望」を書きとめておくノートのことです。
    が、「何を書いたら良いのか分からない」という方が多いんです。

では、「何を書くか?」です。

  • ちまたに、本屋さんとか、ありとあらゆる種類の「エンディングノート」が売られています。
    でも、内容は、「そんなにかわらないんじゃないかなー」って、感じです。
    なので、装丁のデザインとか、気に入ったもので良いとおもいます。

ようは、内容です。

大体の中身なんですが、「今」と「死後」に分かれます。

では、例として

  • 「自分」に関すること
  • 「介護」のこと
  • 「治療費」のこと
  • 「資産」のこと
  • 「葬儀」のこと
  • 「遺産相続」のこと
  • 「墓」のこと

大体ですが、ほかにもあるでしょう

じゃ、たとえばですが、個別に内容をみてみましょう

自分

  • 名前、生年月日、血液型、履歴、引越、家族、趣味、思想、思い出、関係者とかですかねー

介護

  • 介護が必要になったら、「自宅」「老人ホーム」の選択、費用は?とかですかねー

治療費

  • 費用負担者、出所とかでしょうか?

資産

  • 「今、どこの銀行にいくらある」「不動産」「動産-時計、絵画」とかですか

葬儀

  • 「盛大にじゃなく、家族だけで」とか「仏式」でとか、はたまた、「せんでえーよ」とかですかね

遺産相続

  • 「遺言書」があるかないかで、全然違うんです。

  • 「こんなデザインの墓がえー」とか、「いらん」とかですか

数え上げたらきりがないので、思い立ったら、すぐ書きましょう

  • 「いつ書くの?」「今でしょ!」ってことです。

最後に

「もしかしたら、一時間後に死んでるかも」だから、すぐに書くべきなんです。

「でも、ちょっと違うような」と思いません、「違うねんなー」それが、と、僕の出番なんです。

はっきり言います

ちまたで流行ってるエンディングノート、それじゃ駄目なんです

理由は・・・

一般社団法人終活カウンセラー協会のカウンセラーになったので「終活準備ノート

をご希望の方にプレゼントできます。(PDF)

ご希望の方は、問合せよりご連絡ください。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional