【遺言・相続専門】終活カウンセラー特定行政書士 吉村事務所「あなたの悩みを解決できる!かも...」家族信託,成年後見,終活に関することなら一切をサポートします。

ブログ/2014-08-27

Top / ブログ / 2014-08-27

今を楽しむ

ここ、僕の暮らしそのもので
「今日は、こんなことした」とか「今日、こんなことあった」とか
後で見返しできるような日記のようなものかなと思っています。


「こいつは一体、毎日、何をしとんねん」って少し興味があったらのぞいてください。


で,さっそく


僕、健康のため(本当は少し太っているのでダイエットのため)羽曳野市の住まいから柏原市の事務所まで歩いて通勤してるんです。


で、今日も曇なんで「じゃ頑張ろう」ってことで歩き出したんですね。


で、少し行くうちに向こうから自転車が近づいてくるんです。


ごく普通の身なり、ジャケットを着た青年が近づいてくるんです。


で、「あれ」っと思ったんです。


彼の格好が変だったんです。


で、何が変かといいますと右手を拳にして突き出してるんです、ずーっと。


「ややこしい奴っちゃなー」と思いました。


「もしかして、突っ込んでくる?」


まー、ガードレールが続いていたんで大丈夫と思い、やり過ごしたんですが...


最近なんか、「へ、まじ?」という出来事があったりします。


大きな災害が起こったりもします。


「えー加減にせーよ」って地球が悲鳴をあげているのかしら...


ま、地球規模の災害は少し横に置いといて、
この頃、身近に変なことが起こったりするでしょ。


で、「こいつ、何でその格好なん?」ってことです。


もし、僕が森を自転車で走っていて、前に木の枝が垂れ下がっているとするじゃないですか、
そんなら手で振り払おうとします、
多分皆さんもそうでしょ。


で、公道なんです、ココ。


前に何もないし、空から何かが垂れ下がっている訳ないです。


一瞬でしたが、この青年、真顔でした。


「ややこしい...」


「ちょー、あんた何でその格好やのん?」
って聞いたほうが良かったですかね。


僕、よく分かりません。


ま、自分のことは自分が守る、その次は皆で皆を守る、
その次は行政の力を借りて守ってもらうってことになるんでしょうけど。


でもね、たとえば息子がこの青年とガードレールのない公道で遭遇すると想像したら...


「ややこしい...」



コメント


認証コード(3774)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional