【遺言・相続専門】終活カウンセラー特定行政書士 吉村事務所「あなたの悩みを解決できる!かも...」家族信託,成年後見,終活に関することなら一切をサポートします。

ブログ/2018-02-02

Top / ブログ / 2018-02-02

名寄帳と固定資産税

ちょっとマニアックかな?


相続手続きをするときなんですけどね,
僕たちは念のため名寄帳も取り寄せることにしています。


念のためです…


まれにちがくことがあるんです。


このことは,市役所によっても相違があるようです。


ま,ご自分で相続手続きをやる方にアドバイスさせていただきます。


ま,相続も自分でやるのは少々骨が折れます。


でも,僕たちに依頼するとギャラがかかりますしね。


実際,僕は自分でしたし,僕の場合はどちらかというと平易でしたからできたんですけどね。


相続財産のなかで不動産を確定する必要があります。


で,このとき照会するのが名寄帳になります。


こちらで,簡単に「名寄帳」がなんぼのもんやだけご紹介します。


「名寄帳」とは,ある人物が所有する不動産の一覧表なんです。


「土地家屋課税台帳」とか「固定資産課税台帳」とか別名もあります。


「ここだけです!」
なら,ま,えーんでしょうけど,
農地とか山林とかあったら少し疑ってかかったほうがえーんです。


他に,私道とかもね。


これね,
非課税扱いになるので,納税通知書に書いてないことがあるんです。


でも,市役所は知ってますからね,税はとらんけどね。


といっても,ここだけとかじゃないと,
他の市町村にあったら分からんのですけどね。


こんなときは,いずれにまかすしかないのかなと思います。


「おやじがたまたま旅行に行って,気に入ったので買った」
とか分からんもんね。


あるかないかは別の話です。


で,法人とかも要注意ではあります。


ご心配でしたら,僕に依頼してくださいね。


今日もありがとうございます



コメント


認証コード(0087)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional