【遺言・相続専門】終活カウンセラー特定行政書士 吉村事務所「あなたの悩みを解決できる!かも...」家族信託,成年後見,終活に関することなら一切をサポートします。

在留資格認定証明書交付申請

在留資格認定証明書交付申請

はじめに、
このページから読んでくれてるとは限らんので
毎ページに追記してますけど、

読者の方に「先生のページ長すぎる...」
とか意見をいただいたこともあり、
これからは、なるべくピンポイントで記したいと思っています。

そして、僕は、本人と直接、会って話を伺ってしか、
業務をしないので、代理人だけとかで済ませたい方は
他をあたってください。

で、僕、外国語を話せないので、
ご本人が日本語を話せないのであれば、
話せる方の同行が必須になります。

ご面倒をお掛けしますが、よろしくお願いします。

さて、「在留資格認定証明書交付申請」なんですけど

外国人を呼び寄せたいとき、
たとえば、下の例のように、

日本に外国人を呼び寄せて働かせたい
生活したいという場合には、

まず日本の地方入国管理局において、
在留資格認定証明書の交付を申請する手続きが必要です。

☆ 海外のブラジル料理コックを日本の自分の店で雇いたい

☆ お客さんで外国人が多いので、日本語と外国語が達者なスタッフを雇いたい

☆ 海外子会社の優秀なスタッフを日本の本社で働かせたい

☆ 外国人と結婚したので日本で一緒に暮らしたい

☆ 外国にいる自分の子どもを日本に呼び寄せたい

海外から外国人を呼び寄せる手続は、
現に日本にいる方の変更・更新の手続に比べると、
入管に拒否される可能性が高くなります

というのは、現に日本にいる方に不許可を出すのは
日本から追い出す結果につながるのに対して、

まだ海外にいる方について
日本への入国を拒否する方が、
心理的には楽だということのようです。

その点をご理解ください。

日和見主義と言われれば、そうなんでしょうけど...

実際は、そのようです、残念ながら...

それだけに、「在留資格認定証明書交付申請」に際しては、
在留資格に定められた活動を行い、
上陸許可基準を満たしていることを
十分にアピールせんとあきません。

こうした手続に不安であったり、
お仕事などにお忙しいお客様に代わって、
入国管理局への在留資格認定証明書交付申請を代行いたします。

でも、まず、頭に置いといて欲しいことがあって、

先にも言いましたけど、この手続は不交付になることが多いという現状です

だから、「先生に頼んだから、大丈夫や!」とは、なりません

僕以外の、経験を積んだ先生でも、
普通に不交付になることが当たり前にあるようです。

何とか、クリアしようとチャレンジしますが、
そのため、事前に発行される可能性について
十分に本人とコンサルティングを行ない、
万全の準備の上で申請せんといかんと思っています。

一緒に、頑張りましょうね。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional