【遺言・相続専門】終活カウンセラー特定行政書士 吉村事務所「あなたの悩みを解決できる!かも...」家族信託,成年後見,終活に関することなら一切をサポートします。

擬似隠居信託

擬似隠居信託

先祖代々の造り酒屋とか,とても由緒ある商売をされている方とか,
事業承継の問題は頭から離れないようです。


して,これも、あります。


前に話しました。


「戦後の民放改正で、できんようになったことがあるねん…」


そう、
「家督相続」でした。


で、同じようなことがあります。

わかります?


ピンときませんよね、普通です。


商売をやってる家系なら、わかるかな?


そう、
「隠居」です。


で、「隠居」

イメージわきます?

こんなんです。

父:
わしも、年のせいか、もー大分、体もしんどなってきた…

だから、仕事をお前に任せて隠居したいねんけど…


長男:
そーか、おやじがそー言うんやったら、
えーよ、俺が以降は頑張るから


てな、感じです。


これ、今やったら、どーなると思います。


次男:
あほぬかせ、なんで、バカ長男が後継者なんじゃ、
できるわけないやろ、おれが次期社長になる。


とか、あります。

そう、昔はね、
家督相続と一緒で、主人が決められてたでしょ、
行く末を。


独裁者みたいに...


でも、それもなくなりました。


それから、贈与とか売買とかになったら、
その時点で税金とか、購入資金とかも要ります。


会社がでかかったら、それも相当…


そうそう、
主人に指名された次期社長の長男は、
それ以降は、おとうさんの面倒を見るとか、

そういうしばりはあるんでしょうけどね。


で、
これ「擬似隠居信託」


で、これ、
「あら、長男に任せようと思って、そーしたけど。

次男が言うように、もひとつやなー…」

とかになったら、


「ふりだしに戻る!」
が可能です。


そう、撤回ができるんです。


で、もう一回、決める。


他にも、あります。


長女:
おとうちゃん、なんで、兄貴たちだけで決めてんのよ、

あたしや妹は、どないなってんの?


とかも、あるやも…


そう、想像力が、めちゃ必要になってきます。


「こーなったら、こーして…
あ、あーなったら、あーなるから、あーしとかなあかんし…
それから…」


とても、慎重に十分、吟味する必要があります。


信託にとどまらず、
先の長女のことも考えると、
遺言とかも必要になるでしょう。


ハードルが高いけど、
もし、これを超えることさえできれば、
最上の事業承継は可能になります。


こうなったら、こちらも、各士業総動員でタッグを組んで、
ことにあたります,任せてください。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional