【遺言・相続専門】終活カウンセラー特定行政書士 吉村事務所「あなたの悩みを解決できる!かも...」家族信託,成年後見,終活に関することなら一切をサポートします。

葬儀の生前契約1

葬儀の生前契約1

「先生、それ何でっか?」
そう言う人の方が多いと思います。


でもね、最近、この相談もあるんです。


だから、こちらに記しておきます。


これね、アメリカから伝わってきたとされています。


「プレニード」と呼ばれてます。


英語…
ほんと情けないほどつたないです…


でもね、なんとなく、これ分かる…


「ニード」って必要とかでしょ。


「プレ」は前やから、
前に必要なもんやわ、たぶん…


何の前ということで、死ぬ前なんですね、しれっと言いますけど…


だから、死んで葬儀になる前に、必要なこと。


ということで、
本人が生前に契約を結んでおくことです。


アメリカの葬儀社の98%がこのシステムを扱ってるらしいです。


日本でも、大手チェーン店、ってこんな言い方するんかしら…
は、導入してるようですよ。


イオンとかね。


で、「何?」
なんですけどね。


ひとつは、葬儀の内容を取り決める。


もひとつは、葬儀の費用の支払い方法を決める。


細かくは、後ほどね。


で、なんで、これやりだしたんかなんですけどね。


ま、終活と連動します。


日本って、どんな国でした?


めちゃ、アバウトですみませんけど…


僕たちの先輩、親も含めてね、特に戦前はどうでした?


「知らんわ、生まれてないのに…」
はい、僕もそうです。


でもね、きっと、みんな、地域ぐるみとか会社で、親族総出で、
助け合ってたんだと思うんです。


本で見たり、聞いたりしたところね。


ほれ、地縁、社縁、血縁ってありますもん。


どちらかというと、
運命共同体とかの意識があったんじゃないですかね。


でもね、今、どうです?


そう、それ、希薄になりました。


個の時代って言われて、久しいです。


こちらでも、何度となく、そのことには触れましたけどね。


「香典」って、日本独自の文化のようですよ。


だって、葬儀費用にそれを充てたりしたんですもん。


これ、アメリカにはないようです。


ようは、個人意識が強いでしょ、アメリカ。


そして、日本もそうなりつつある…


とすれば。


そう、
「自分で自分のことにはケリをつける」


そんな意識になります。


ね、終活と一緒です。


これも、その一部です。


だって、葬儀によって遺族に経済的負担をかけたくないとか、


葬儀の仕方に自分の意思を生かしたいとか、


個性を主張する人が増えました。


だから、アメリカ的な傾向を
踏襲するようになったんだと思ってます。


残念ながら?
都市を中心に共同体の衰退が進んでいます。


個人意識の強まりもあり、
地域社会との結合、企業との結合、親族との結合も
だんだん弱まってきています。


また、核家族化、家族の地域分散、少子化の進展とかね。


家族の絆だって、変化する傾向にあります。


単身者世帯だって、急激に増加しています。


こうした社会的変化を背景として、
「子供に頼れない」
「子供に迷惑をかけたくない」
「死後のことにも個人の意思を反映させたい」
とする考えをもつ人々が高齢者を中心に増加の傾向があります。


で、葬儀だって、こうなって、生前契約が登場したんです、多分…


実際は、となると、まだ少ないようですけどね。


で、システム自体がまだまだ脆弱でしょ。


なら、トラブルだって起きます。


げんに、訴訟もありますもん。


お金の話が多いです、解約金とかね。


で、
「先生、葬儀の生前契約はせんといかんのかいな?」です。


これは、あなたの意思で、僕が決めるわけではないんです。


あなたがそうしたければ、僕が、あなたをサポートしますけどね。


注意することもあります。


だって、これが実行されるとき、
あなたがいなかったりするからね。


続きにします。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional