【遺言・相続専門】終活カウンセラー特定行政書士 吉村事務所「あなたの悩みを解決できる!かも...」家族信託,成年後見,終活に関することなら一切をサポートします。

身上監護とは

成年後見制度の身上監護とは

じゃ、成年後見制度のもひとつの柱、
「身上監護」のこと紹介しますね。


で、ぶっちゃけ、僕は「財産管理」については大抵のことができると思ってます。


そら、本人や周りの人の協力は欠かせませんけどね。


でも、この「身上監護」となると、
前にも言いましたけど、ひとりじゃ絶対に無理だと思ってます。


はなから、白旗をあげてるようでかっこ悪いですけど…


でも、出来んことはできんと割り切って、
出来る限りのことは誠心誠意やる覚悟です、
あなたは安心して僕に任せてください。


で、「身上監護」
定義はね、
生活・療養看護に関する事務を処理すること。


ね、事務です。


行為じゃないんですよ。


行為って、例えば介護とかです。


これは、介護士さんがやってくれますもん。


というか、僕はよーせん…


僕がやるのは、事務。


医療や介護に関する契約などです。


じゃ、もう少し具体的にね。


「どんなことをしてくれるん?」
です。


①医療ではね、病院代の支払いとか、入退院とかの契約です。


②「住まい」ということであれば、
たとえば借家なら家賃を支払いますし、
借りんといかんかったら、その契約をします。


で、あなたがどこに住んだらえーかを
あなたの希望を聞いて情報収集もします。


で、実際、あなたがそこに暮らしてるので、
その住環境も快適に保持できるように手配します。


あなたが、施設に入っているのであれば、
その施設の費用を支払いますし、
これから入る予定であれば、
契約の段取りをします。


退所されるときも同様の手続きを代行します。


で、これは昨今、問題になってますけど、
その施設が、あなたをちゃんと面倒みてくれてるかを監視しますし、


なってないんやったら
「ちゃんとしてください!」
って施設に申立をします。


もちろん、監視、監督せんといかんので、
施設には定期的に訪問しますし、
電話等で状況確認もします。


ま、むづかしい点もあります。


少し想像して欲しいんですけど。


「あの看護師な、めちゃくちゃしよんねん、叩いたりな罵声を浴びせたりな」


これ、本人の弁なんですけど。


「ほんまに!ちょっと抗議してくるわ!」


これ、ほんまかどうかは分からんでしょ。


だから、そこは事実確認せんとね。


慎重な対応が必要です。


③介護ではね、
ケアマネやヘルパーさんに手助けしてもらわんといかんです。


で、そのために必要な申請、契約、費用の支払いとかは僕がします。


そして、今さっきの例じゃないですけど、
あなたを支援してくれてる人たちとは、
十分に情報交換するために連絡、調整はせんとね。


親族とも連絡、調整はしますけど、
僕の守るべきはあなたですから、
あなたのためにならんことやったら、
親族といえども反発しますし、
時によってはお断わりすることもあると思います。


後見人のスタンスとすれば、
僕が代表してあなたをサポートするんですから、
親族とはあんまり密な連絡はせんようにします。


ただし、前にも言いましたけど、
医療行為の同意が僕はできないので、
その時は親族に連絡します。


そうそう、身元保証人とか、入院保証人とかも僕はなれないです。


保証人にはなれないですからね。


ま、保証人にはなれないですけど、
医療行為については、
レントゲン検査とか、あなたが痛くなくて、苦しいことがないような行為なら同意できますよ。


痛み止めの注射は微妙ですね、病状が急変することもあるようです。


「ほんなら誰がしてくれるんよ、
あたしは独り身で親族はおらんのよ」


少しよわります僕…


そんときは
「先生、僕は後見人ですけど医療行為の同意はできません。
だから、先生が判断してください


と言うしかないんです…


ほかに、制度の利用なんかは僕が一切を手配します。


介護保険制度の利用とか、身体障碍者手帳の取得とかね。


ま、結論は、
出来んことはできる人にお任せして、
任せた人を僕が管理監督して、
ときによっては指導します。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional